防水工事について

現場状況に合わせた防水工事をご提供!

工事の種類

防水工事、と一言でまとめても現場ごとに必要な施工方法は全く違います。建物の特性や構造、置かれている周囲の環境、現状の傷み具合などから判断して適切な工事を行う必要があります。防水工事にもたくさんの種類があり、それぞれに特徴があります。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

 FRP防水

強度が高く耐久性に優れたFRP(繊維強化プラスチック)を使用した防水工事です。軽量ながらも強靭で耐熱性・耐食性・耐候性に優れています。施行後の防水層は継ぎ目がなく、見た目にも美しいため、人気の防水工事です。
項目を追加

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

ウレタン・塗膜防水

ウレタンの特性を活かし、下地の形状に馴染み易いのが特徴です。屋上をはじめとした複雑な部位への使用が可能です。また安価ですので定期的にトップコートの塗り替えをする事により紫外線による劣化も防ぐ事が可能です。
項目を追加

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

シート防水

塩ビ・ゴムシートを利用した防水工事です。防水シートを接着剤などで下地に貼り付ける密着工法と、ディスク板などで固定していく機械固定工法があります。施行性に優れ、様々な用途に対応しやすいのが特徴です。
項目を追加

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

シーリング

防水工事で必要不可欠な工事がシーリング工事です。シーリング工事とは、外壁同士の隙間や外壁とサッシの透き間やサッシと窓ガラスの透き間など、住宅に存在するありとあらゆる隙間を埋める工事を指します。劣化し、効果がなくなってしまったシーリング材を充填し直すことが大切です。
項目を追加

よくある質問

シーリング
Q
質問です
A
答えです
Q
防水工事の目安
A
建物の状況にもよりますが、10年に一度、防水工事によるメンテナンスを行なっていただくことで建物を長期的に維持することが可能です。
Q
なぜ雨漏りは起きてしまうのですか?
A
住宅における建材や屋根材の劣化によって雨漏りが発生します。また台風や地震などの自然災害によって建物がダメージを受けている場合もあります。
Q
お見積もりは無料ですか?
A
ご安心ください。もちろん無料です!お気軽にお問い合わせいただけます。
Q
大規模修繕がはじめてです。
A
どの様な工程でどれくらいの日数が必要になるか、またどれくらいの費用がかかるかなど、お客様の目線で分かりやすく説明します。
項目を追加

クリックして内容を表示

お問い合わせ

メールでのお問い合わせはコンタクトフォームから24時間受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。
TEL 03-3295-9727
FAX 03-3295-9724
【受付時間】 9:00〜17:00